公庫のコロナ対策の融資まとめ!【実質無利子・無担保】

No tags for this post.
公庫のコロナ対策の融資まとめ!【実質無利子・無担保】

現在、多くの企業が新型コロナウイルスの影響を受けており、経済産業省が様々な支援策を打ち出しています。
その中で今回は、日本政策金融金庫(以下、公庫)・民間金融機関で受けられる実質無利子・無担保の融資についてご紹介します。
また、公庫の融資である新型コロナ感染症特別貸付(後述)と民間金融機関の融資である保証協会セーフティネット等(後述)は、併用できます
新型コロナウイルスの影響で、資金繰りが困難になってしまっている事業者の方は、ぜひご参考ください。

新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

新型コロナウイルス感染症特別貸付とは、新型コロナウイルス感染症の影響により、一時的に業況悪化をきたしている方を対象とした日本政策金融公庫等の資金繰り支援制度です。適用には、公庫による審査があります。

運転資金や設備資金として、据置最長5年間で6000万円まで借入することができます。

しかし、この融資制度のみでは実質無利子にはならず特別利子補給制度というものを併用することで借入後当初3年間の利子について実質無利子にすることができます。

以下のリンクでは上記の制度について詳しく説明しておりますので、ぜひご参照ください。
URL:【必見】政府系金融機関のコロナ対策保証制度とは!?【個人事業者・中小企業者向け融資】

民間金融機関の融資とは?

民間金融機関の融資制度としては、セーフティネット保証4号・5号及び危機関連保証が利用できます。
上記3つの保証では、それぞれ最大2.8億円の借入債務の保証を受けることができます。
適用には、金融機関・信用保証協会による審査があります。

こちらの融資制度についても、これらのみでは実質無利子にはならず、民間金融機関における 実質無利子・無担保融資という制度を利用することで保証料・利子の減免が行われます。

以下のリンクでは上記の制度について詳しく説明しておりますので、ぜひご参照ください。
URL:【必見】民間金融機関のコロナ対策保証制度とは!?【個人事業者・中小企業者向け融資】

公庫と民間金融機関の融資の併用について

公庫または民間のみの融資では資金繰りに不安があるという事業者の方については、両方の融資制度を併用していくことがおすすめです。

公庫にしても民間の金融機関にしても、融資の審査に非常に時間がかかってますので、いつ融資が下りるのか、読みづらい状況が続きます。むしろ、基本的には併用していただいて、一刻も早い資金調達を目指していただいたほうが良いかと思います

経済産業省の新型コロナウイルス感染症関連HPでは、このような画像で併用について紹介されています。
支援が受けられる場合についても紹介されているので、ぜひ確認しましょう。

最後に

現在、新型コロナウイルスの影響で多くの企業が経営難に追い込まれています。

資金繰りが困難な事業者の方は、今回ご紹介させて頂いた支援策などを活用し、この危機を乗り越えていきましょう。

創業融資サポートセンター(CPA)では、多くの事業主様から、コロナ関連の融資のご相談を承っており、多くの
ノウハウや情報を持っております。資金調達について専門家がサポートを行っておりますので、まずはお気軽にご
相談ください。万全の態勢で審査に挑むことができるようになります。

また、以下のリンクでもコロナ関連の支援策についてご紹介しております。
ぜひご参照ください。

最新記事