創業融資のポイント

飲食店を開業をお考えの方へ。【創業融資のおすすめ】

一般的に飲食店の開業に必要な資金は物件取得費・内外装工事費・調理に関する器具や機械などの設備費用に加え、家賃・人件費・光熱費などの運転資金を考えると、500万円~1500万円ほどになる場合が多いです。

必要資金のすべてを自己資金でまかなうことは難しいです。また、開業後には予想外の支出が出てきてしますことも多いです。

そこで、多くの飲食店開業者の方は創業融資という融資を利用して資金集めを行っています。

今回は、飲食店の創業融資についてのポイントをご紹介します。

創業融資の2つの選択肢

飲食店の創業融資は日本政策金融公庫(以下、公庫)の創業融資、もしくは銀行などの金融機関と地方自治体が連携して行っている融資である制度融資のどちらかが用いられることが多いです。

どちらの融資にも長所短所があります。(例えば公庫の創業融資は融資実行までの時間が短く、制度融資は審査が比較的長い代わりに金利は低めなど)

「早く開業したいから素早い融資が必要!」「準備期間は十分にあるから金利をなるべく抑えたい!」など個別の事情によって、最適な創業融資は変わってくるので、税理士や会計士などの専門家へ相談することも1つの手です。

創業融資の詳細は、こちらの記事をご参照ください。

創業融資に関して注意したいこと

①創業融資の準備について

創業融資を成功させるためには「準備」がとても重要です。物件探しから事業計画書の作成や自己資金の用意など、するべき準備はとても多いです。

実際に創業融資を申請する時期から逆算して、準備を進めていきましょう。

特に、自己資金については準備に時間がかかるので注意しましょう。

自己資金については、こちらの記事もぜひご参考ください。

②創業融資の運転資金について

飲食店に限ったことではありませんが開業直後は急な出費や、客足が思ったよりかんばしくないなどの原因で経営が安定しないことが多いです。

安定的の経営していけるだけのポテンシャルがあっても、経営が安定するまでに体力である資金が尽きてしまうような事態を起こってしまうこともあります。

運転資金も四半期から半期分ほどは用意できるように借入金額を考えましょう。

③最新の情報・実情を知る

創業融資はパンフレット通りの情報と、実情が異なっている場合があります。例えば、融資限度額については実際の上限いっぱいまで借りられることはほとんどありません。

このような創業融資の実情を知るためには、専門家へ相談し助言を受けるとよいでしょう。

最後に

創業融資を利用することは単に資金を得られるだけでなく、金融機関との関係を作ることや資金調達の実績にもつながります。

はじめて創業融資を利用する方は不安思うことも多いと思いますが、開業を成功させるためにぜひ挑戦することをおすすめします。

創業融資サポートセンター(CPA)では、多くの事業主様から、創業融資のご相談を承っており、多くのノウハウや情報を持っております。まずはお気軽にご相談ください。万全の態勢で審査に挑むことができるようになります。

こちらのリンクから創業融資に関する記事一覧へ移動できます。

関連記事