創業融資のポイント

「創業融資の流れやポイント」を解説いたします!

創業融資をご検討で、まず何からやればいいかわからないという事業者様は、本記事を参考にしていただければと存じます。

融資の流れは何となく理解できても、計画書や手続き等で苦戦する事業者様が多いのではないかと考えております。下記にポイントまとめましたので、参考にしていただけますと幸いです。

創業融資の流れ

  1. 金融機関に相談
    事業計画書書類を準備する必要があります。特に事業計画書は、創業の動機、事業経験や自己資金等の条件がポイントなってきますので、注意が必要です。
  2. 創業融資の申込
  3. 融資面談
  4. 融資の実施
  5. 返済の実施

ポイント①事業経歴

創業融資において、事業経歴は審査において重要な要素の一つとなります。金融機関は、融資した資金が確実に返済されるかどうかを判断するため、経営者の経験や能力、事業への理解度などを総合的に評価します。

特に、マネジメント経験営業経験などは評価が高くなります。

ポイント②自己資金

自己資金が必要な理由については、事業へのコミットメントや返済能力の証明等になります。

  • 自己資金を持っていることは、事業運営に必要な資金を自己負担できることを示し、返済能力が高いことを証明するものとなります。
  • 金融機関は、自己資金が少ない場合は、経営が行き詰まった際に資金繰りが悪化し、返済不能に陥るリスクが高いと判断するため、融資を渋る可能性があります。

 

ポイント③資金調達

資金調達方法には、下記があります。特に、創業時に積極的な金融機関は「日本政策金融公庫」ですが、自分に合った方法で資金を調達することをおすすめします。

  1. 日本政策金融公庫
  2. 民間金融機関
  3. 信用金庫・農業信用金庫
  4. 商工組合等

まとめ

今回は、創業融資について、スポットをあててみてきました。創業時の融資を含め弊社では、多くの融資実績があります。

また、創業融資代行サポート(CPA)では、多くの事業主様から、創業融資や創業支援のご相談を承っており、多くのノウハウや情報を持っております。
まずはお気軽にご相談ください。お客様にとって最適なアドバイスを行わせていただきます。