創業融資のポイント

起業するには!「起業の流れ」を説明いたします。

起業は、自分のアイデアを実現し、社会に貢献できる魅力的な挑戦です。しかし、成功するためには、綿密な準備が必要です。

株式会社合同会社の設立の他、個人事業主として事業を始めるときに、必要な準備や手続きを知っておくことが大切です。

一般的な起業の流れを下記にまとめましたので、参考にしていただけますと幸いです。

起業の流れ

  • 起業の目的とビジョンを明確にする

    なぜ起業したいのか、どのような事業で社会に貢献したいのかを明確にしましょう。自分自身の強みや経験、市場のニーズなどを分析し、実現可能なビジョンを描きましょう。

  • 事業計画を立てる

    事業内容、ターゲット顧客、収益モデル、資金計画などを具体的に書き込んだ事業計画を作成しましょう。これは、資金調達や事業運営の羅針盤となる重要な資料です。また、ターゲットへの訴求力や競争優位性も調査し、分析することで、説得力のある計画書になります。

  • 資金調達

    事業計画に基づいて、必要な資金を調達します。自己資金、融資、補助金、投資など、様々な方法を検討しましょう。補助金等に関しては、条件がありますので、事前に確認が必要です。

  • 必要な許認可を取得する

    事業内容によっては、営業許可や資格などが必要となります。事前に必要な許認可を調査し、取得しておきましょう。例をあげますと、飲食店や美容師、宅建業や古物の免許等が必要になってきます。

  • 開業準備

    オフィスや設備の準備、人材の確保、マーケティング計画の作成など、事業開始に向けて具体的な準備を進めます。

事業計画書の重要性と項目

以下の内容を盛り込むことで、より明確にわかりやすい資料になると思います。

  • 事業概要
  • 市場分析
  • 競合分析
  • マーケティング戦略
  • 経営戦略
  • 財務計画

資金調達の方法

創業時におすすめしている金融機関ですが、「日本政策金融公庫」または、「信用保証協会(東京都の場合)」へのお申し込みになります。

  • 日本政策金融公庫とは、国が100%出資している政府系金融機関です。創業融資に積極的であり、民間の金融機関から融資を受けにくい中小企業や小規模事業者、これから起業・開業する方に向けた、さまざまな融資制度があることが特徴になります。
  • 信用保証協会とは、全国47都道府県と4市にあり、中小企業や小規模事業者の円滑な資金調達のために設立された公的機関です。銀行や信用金庫が窓口になり、信用保証協会が保証してくれるというイメージです。

 

その他に下記の方法で出資してもらう方法もあります。

 親・親戚・友人
 ベンチャーキャピタル
将来成長が見込めるベンチャー企業やスタートアップ企業の将来の成長を見込んでに投資する組織のことです。資金を返済する必要はありませんが、企業が成長や上場したときに株式を売却することで資金を回収します。
 エンジェル投資家
将来成長が見込めるベンチャー企業やスタートアップ企業に出資する個人投資家のことです。投資したお金を企業から直接回収することはせず、将来そのベンチャー企業が株式上場した際の出資金のキャピタルゲインを得ることを目的としている場合が多いです。

まとめ

今回は、起業について、スポットをあててみてきました。創業時の融資を含め弊社では、多くの融資実績があります。
また、創業融資代行サポート(CPA)では、多くの事業主様から、創業融資や創業支援のご相談を承っており、多くのノウハウや情報を持っております。
まずはお気軽にご相談ください。お客様にとって最適なアドバイスを行わせていただきます。

関連記事