創業融資のポイント

公庫融資の審査基準とは?審査通過率をアップさせるためのコツを解説

公庫融資を利用する際には、審査に通過できるよう万全の準備を払いましょう。
日本政策金融公庫には「創業者向け」と「一般企業向け」の2種類の融資がありますが、それぞれで審査基準は異なります。
基準の違いを把握したうえで、審査を受ける際のチェックポイントを押さえてから申し込むことが大切です。

公庫融資2種類の審査基準の違い

公庫融資には2つの種類があり、それぞれで審査基準に違いがあります。

創業者向け公庫融資

創業者向け公庫融資の審査では、創業に関わる条件が重視されます。
具体的には、自己資金や雇用など創業企業特有の要件を、事業計画書に基づき確認していきます。
創業間もない企業は事業歴も浅いことから、決算の内容や納税状況より、創業における条件をクリアしていることが求められます。

一般企業向け公庫融資

一般企業向け公庫融資の審査では、決算内容など経営状況が重視されます。
債務超過や赤字がないこと、税金の滞納がないこと、過去の返済に問題がないことなどにより融資の可不可が判断されることから、決算書は重要な資料となります。
一般企業向けの融資では創業者向け融資とは異なり、一般的な融資に似た審査基準です。

銀行融資と比較した公庫融資審査の難易度は?

公庫融資の審査基準を銀行融資と比較すると、難易度は低いでしょう。
日本政策金融公庫は小規模企業の経営安定・成長支援のために融資を行うため、営利目的で融資を行う銀行より確認項目が少ないとされているためです。
そのため、銀行から融資を受けられなかった企業でも、日本政策公庫から資金調達ができる可能性は残されています。

ビジネスローンと比較した公庫融資審査の難易度は?

ビジネスローンと日本政策金融公庫の融資を比較すると、創業者にとっては公庫融資の方が難易度が低くなります。
多くのビジネスローンでは、2~3期分の決算書の提出が条件となっているためです。
創業して間もない企業は決算書を提出できないことから、日本政策金融公庫の方が融資を受けやすいと考えられます。

審査落ちしてしまうケース

公庫融資の審査に通過できないケースは次のような場合です。

返済トラブル発生履歴が残っている

過去に返済の延滞をした、債務整理をしたなどのトラブルが発生していた場合、審査通過は難しいでしょう。
日本政策金融公庫では、企業はもちろん、個人の返済トラブル発生履歴もチェックしています。
1~2度の返済遅れ程度であれば影響は少ないですが、過去5年以内の債務整理・強制解約・複数回の滞納、過去10年以内の自己破産などトラブル履歴が残っている状態であれば通過は困難です。

公共料金・税金の支払い遅れがある

審査時点で公共料金や税金の支払い遅れがある場合も、審査に落ちる可能性が高くなります。
公共料金に含まれるものは、水道光熱費、電話料金などであり、税金はすべての種類が対象です。
公庫融資を申し込むなら、公共料金や税金の未払いは精算しておくようにしてください。

自己資金額が不足している

自己資金額が一定以上に達していない場合も、審査通過は難しくなります。
創業者向け融資の場合に該当する審査基準ですが、創業資金総額の1/10が自己資金でなければなりません。
自己資金額は融資申し込み条件とされていることから、創業資金総額の1/10未満であれば審査はおろか、申し込み時点で条件をクリアしていないことになります。

経営計画に破綻が見られる

経営計画に破綻が見られる、数字に矛盾が生じている場合も審査落ちにつながります。
経営計画は返済能力を示すための基準であり、売上や経費を含めた返済計画が実現不能であるなど、矛盾が生じている場合は融資を受けられない可能性が高いでしょう。

経営者としての能力が不足している

企業・事業への思いが不明瞭であるなど、経営者としての能力が不足している場合も融資を受けることは難しいでしょう。
日本政策金融公庫の融資を利用する際には、面接を受けなければなりません。
面接を通じて経営者としての能力を判断されることから、企業・事業について明確な思いを構築しておくことが必要です。

初めて公庫融資の審査を受ける時に必ず確認したいポイント

初めて公庫融資の審査を受ける際には、次のポイントを必ずチェックしましょう。

・創業者の条件に該当することを確認する
・創業資金総額の1/10以上を自己資金とする
・信用機関登録機関の情報がないことを確認する
・公共料金・税金の滞納を解消する
・事業計画書の内容を十分にする
・売上・利益・返済計画を妥当にする

創業者向け融資を検討しているなら、「創業者」の基本条件を満たしていることと、自己資金を十分に用意しておくことは欠かせません。
また、創業者向け・一般企業向けともに信用情報登録機関に事故情報がないこと、公共料金・税金の滞納が解消されていることを確認しましょう。
もちろん、充実した事業計画書と、返済可能であると判断される経営計画を作成することも必要です。
申込みを検討している公庫融資の種類にあわせて、上記のポイントをチェックしてから申し込んでください。

公庫融資の審査通過には万全の準備が必要

公庫融資の審査を通過するためには、事業計画書作成・経営計画作成・滞納の解消などさまざまな準備を万全にしておく必要があります。
創業者向け・一般企業向け融資とも、民間金融機関と比較すると審査の難易度は低いとされていますが、書類や面接から返済能力を判断されることに変わりはありません。
スムーズに審査に通過するためには、ご紹介した審査落ちのケースや申込みの際のチェックポイントを把握することはもちろん、専門家によるサポートを受けることも必要でしょう。

関連記事